出展社情報

株式会社インテリジェントセンサーテクノロジー

ifia / HFE eye 2022

味のデジタル化。味覚センサーで味を数値化します。

主観的あった味を味覚センサーにて客観的に評価。 味覚センサーはマーケティング、開発、品質管理など、多岐に渡り活躍しております。

PR MOVIE
No・ゾーン 1468-4
住所 神奈川県厚木市恩名5-1-1
TEL 046-296-6609
FAX 046-225-7933
URL https://www.insent.co.jp
出展品目
  • 分類: その他分析・検査
  • 名称: 味認識装置 TS-5000Z(味覚センサー)
共同出展
見所・特徴 「甘味」、「塩味」、「酸味」、「苦味」、「うま味」の基本5味に加えて、「渋味」の味覚を数値で評価します。  味覚評価は「先味」(口に入った時のあじわい)だけでなく、コクやキレ、うま味などの「後味」(飲み込んだ後にも続くあじわい)も数値化できます。 味覚センサーは、商品PRや市場商品のポジショニング、商品開発、品質管理など多岐に渡り威力を発揮します。
用途別カテゴリ
飲料デザート 商品名:味認識装置 TS-5000Z(味覚センサー)
ビールの苦味(後味)、お茶の渋味(後味)、ワインの渋味(後味)などの評価が可能
水産・食肉製品 商品名:味認識装置 TS-5000Z(味覚センサー)
素材の味わいである複雑味(コク)や熟成肉のうま味コクなどの評価が可能
お弁当・お惣菜・中食 商品名:味認識装置 TS-5000Z(味覚センサー)
嗜好性と相関のある旨味コク(後味)評価が可能
食品安全・品質管理 商品名:味認識装置 TS-5000Z(味覚センサー)
ロット間差を人間の官能に合わせて評価が可能