主催者企画セミナー・ 出展社プレゼンテーション

ifia JAPAN / HFE JAPAN では、3つの主催者企画セミナーと、出展社プレゼンテーションを各日行なっています。
(主催者企画セミナー/出展者プレゼンテーションは展示会来場登録が必要です)
新型コロナウイルス感染症の影響により、一部セミナーの中止、変更等が発生する可能性がございます。

主催者企画セミナー/出展者プレゼンテーション聴講無料

企画ステージ3つと出展者プレゼンテーションステージ1つの計4ステージ。ビジネスに役立つヒントが満載です。
全て聴講無料、事前申し込みも不要です。直接会場へお越しください。
(主催者企画セミナー/出展社プレゼンテーションは展示会来場登録が必要です)

画像

A: SDGsセッション/ifia セッション

SDGsを意識した製品つくりに役立つ素材、技術、情報が大集結!食品行政の最新情報も!

【持続可能な食品生産~タンパク供給を中心に~】

会場 A:SDGs/ifia セッションステージ
詳細を表示

基調講演➀ Plant Based Proteinとしての大豆たん白質のさらなる可能性

不二製油グループ本社・未来創造研究所(市場価値創出グループ) マネージャー 橘 伸彦

気候変動に対する高い関心とともに、グリーンエネルギー・水・食糧問題に対する意識にも変化が起きている。食品摂取では植物性のたん白質、とりわけ大豆に注目が集まっている。大豆は環境負荷の少なさに加え、様々な生理機能が報告されている。今回は一部の知見(腎機能保護や認知予防など)について紹介する。

詳細を表示

基調講演②持続的な食糧の安定供給を目指した取り組み

敷島製パン(株) 開発本部研究開発部パン研究開発グループ マネージャー 加藤 信介

画像

Pascoは1920年(大正9年)創業以来、本業を通じて社会に貢献することを理念とし、未来の食糧不安に備え、持続的な食糧の安定供給を目指しSDGsの取り組みも進めています。食糧自給率向上に向けた国産小麦使用の取り組みや、次世代たんぱく源として注目のコオロギパウダーを使用したパン・菓子開発の取り組み等をお話しいたします。

詳細を表示

コオロギプロテインの栄養/環境的付加価値とSDGsとの親和性

FUTURENAUT(株) 取締役CTO 飯島 明宏

画像

植物性たん白の代替肉への応用

エー・ディー・エム・ジャパン(株) 研究開発部 アプリケーションマネージャー 西川 忠信

乳~玄米由来まで!タンパク質製品の新展開とその利用法

サンブライト(株) 営業部 田中 典子

【持続可能性に挑戦する香料産業】

会場 A:SDGs/ifia セッションステージ

座長

日本香料工業会 岡村弘之・大木嘉子

詳細を表示

基調講演①香料産業のサスティナビリティ憲章(仮) (ビデオ講演)

国際食品香料工業会 専務理事 Sven Ballschmiede

画像

詳細を表示

国際食品香料工業会 事務局 Maxime Marchal

画像

詳細を表示

基調講演➁香料の有用性と安全性

The usefulness and safety of Flavour

日本香料工業会 食品香料委員会 委員 松井敏晃、土屋一行

食品香料とはどの様なものかという基礎的なことから、食品香料(フレーバー)の特徴、香料の安全性確保への取組みや規制までをお話しいたします。
また、現在香料業界の取り組むべき課題や香料のご使用による飲食品開発における課題解決へのお手伝いについてお話しいたします。

天然香料について(仮)

エー・ディー・エム・ジャパン(株) マーケティング部(予定)

B: 安全・分析エリア/機能性の分析・測定・評価エリア

安全、分析、品質管理、おいしさ評価に加え、健康をはかる機器や評価手法までさまざまな情報を発信!

【受託ヒト試験・評価セッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:機能性表示食品と届出ガイドライン(仮)

消費者庁 食品表示企画課 保健表示室 担当官

研究者・技術者の人材派遣・シェアリングサービスのご紹介

(株)RDサポート 取締役(シェアリング事業担当)大島康治/派遣事業マネージャー 内田 英樹

つくば発最先端睡眠医科学がリードする客観データによる製品評価

~AIによる高速・高精度睡眠計測の実現~

(株)S’UIMIN 代表取締役社長 藤原正明

【分析セッション(栄養/農薬・環境)】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ
詳細を表示

基調講演➀:日本における栄養成分分析を取り巻く状況について

The situation of nutritional component analysis in Japan

一般財団法人日本食品分析センター 基礎栄養部 副部長 吉田 幹彦

画像

近年,栄養成分表示の義務化や機能性表示食品制度の施行により,消費者の食に対する関心は高まってきております。このような中,消費者へ確かな情報を提供するうえで,栄養成分の含有量を正しく把握することは重要となってきております。本公演では,分析の観点から栄養成分分析を取り巻く現在の状況について概説致します。

新しい時代に向けた栄養成分分析の自動化と省力化(最新燃焼法分析装置のご紹介)

ゲルハルトジャパン(株) 営業部 引地 恭平

高速溶媒抽出技術による食品分析の迅速化

CEM Japan(株) 中澤 隆

詳細を表示

基調講演➁:食品関連物質の毒性評価とコロナ禍における日本食品化学学会の取り組み

Toxicological assessment of the food-related compounds and the challenge of Japanese Society of Food Chemistry in the Coronavirus pandemic

国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センター病理部/部長 小川 久美子

画像

我々の食生活を安全で豊かにするために、種々の化学物質が役立てられている。必要な化学物質の安全性を担保することは重要な課題である一方で、世界的な動物試験削減の機運も高まっており、これまでの枠組みを変える代替法等が広く議論されている。本講演では、毒性評価に関する近年の動向とコロナ禍における学会活動について紹介する。

【輸出支援セッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:日本発食品安全管理(JFS)規格で輸出を支援

農林水産省 食料産業局 食品製造課食品企業行動室長 大熊 武

食品輸出の際の分析について

オリエンタル酵母工業(株)/ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング(株)

知らなきゃ損!中小機構の海外展開支援

独立行政法人中小企業基盤整備機構 販路支援部 吉成 道世

C: OEM・受託エリア/スポーツニュートリションストリート

独自性のある製品開発に役立つOEM・受託関連の情報や、アスリート向けからフレイル対策までスポーツニュートリション分野の最新情報を発信!

【アスリート向けセッション】

会場 C:HFEセッション会場
詳細を表示

人もアスリートも、パフォーマンスを上げるスポーツ栄養

Sports Nutrition for Improving Performance in Athletes, and Human

(株)DNS 執行役員 青柳 清治

画像

「食事」には栄養学的要素に加え、文化的または志向的要素が多大に影響する。しかし、人(ヒト)という生体が生きる為、アスリートがパフォーマンスを上げる為の栄養素を摂取する手段と考えると、その接し方が変わってくると思う。通常の「食事」からでは有効量の摂取が困難であるが、パフォーマンスを向上させうる栄養素をサプリメントとして利用することについて考察する。

【運動疲労に抗するスポーツニュートリションセッション】

会場 C:HFEセッション会場
詳細を表示

講演➀ 運動の疲労に対する栄養の効果をどう考えたらよいのか

Nutritional aspects for anti-fatigue effect during and after exercise

東京大学 大学院 総合文化研究科 身体運動科学 教授 八田 秀雄

画像

運動の疲労が何によって起こるのか、という問いに対する最も妥当な答えは、「運動の疲労は多くの要因によって複合的に起こる」である。科学が進めば進むほど、さらに多くの原因が関係しているのがわかって、ますます疲労の原因とメカニズムはわからなくなっていくと考えられる。そこで疲労に対する栄養の効果についても簡単に言えることではない。運動中と運動後、トレーニング前後、高強度運動と長時間運動というように、場合をわけて考えていくことが必要である。さらにタウリンの例を取り上げて運動疲労に対する効果について考えたい。タウリンは抗疲労効果があると考えられるが、そのメカニズムも含めて不明な点が多いといえる。

詳細を表示

講演➁ ケトン体摂取が運動時の疲労や運動後の回復にもたらす効果

Effects of ketone bodies supplementation on exercise-induced fatigue and recovery.

国立スポーツ科学センター 契約研究員 高橋 祐美子

画像

運動時に最も多く使われる代謝基質は糖質であるが、体内の糖質貯蔵量には限りがあるため、糖質以外のエネルギー源の利用を高めることで運動時の疲労防止やパフォーマンス向上が可能かどうか、これまで多くの検討がされてきた。その中で、2016年に自転車競技者を対象とした研究で、ケトン体の摂取が糖質利用の節約やパフォーマンスの向上をもたらしたことが報告され、スポーツ界でケトン体サプリメントへの注目が高まった。また、運動後の回復期のケトン体摂取がもたらす効果についても、近年研究が進みつつある。本講演ではケトン体の摂取が運動時および運動後の回復期にもたらす効果について概説する。

詳細を表示

講演➂ トレーニング休止に伴う骨格筋の変化とBCAA摂取の影響

Effects of branched-chain amino acid (BCAA) supplementation during detraining period on skeletal muscle

東京大学 大学院総合文化研究科 身体運動科学研究室 助教 松永 裕

画像

トレーニングを継続的に行うことで骨格筋は適応し、運動パフォーマンスを向上させる。一方、骨折・捻挫などの整形外科疾患や、風邪・腹痛などの内科疾患により運動を休止した際は、骨格筋機能が低下し、運動パフォーマンスにも悪影響をおよぼすことが危惧される。我々は、トレーニング休止に伴う骨格筋の変化に対する栄養戦略として分岐鎖アミノ酸(BCAA)の摂取効果についての研究を行ってきた。その中でも本講演では、持久的運動能力や代謝疾患の発症に関係するとされる骨格筋ミトコンドリアの量・機能が、トレーニングの休止やBCAAの摂取によってどのような影響を受けるのかについて、これまでに得られた知見を中心に報告を行う。

詳細を表示

講演➃ 「酸化ストレスは悪者か?」そして「抗酸化サプリメントは有益か?」

Reconsideration: Oxidative Stress and Antioxidant in Exercise and Sport.

日本体育大学 体育学部 大学院体育科学研究科 体育研究所 助教 田村 優樹

画像

身体のサビと表現されることもある「酸化ストレス」は、悪者と捉えられることも少なくない。スポーツ科学・健康科学関連領域においても、運動中の疲労の原因物質や老化の原因物質と捉えられてきた。しかし、酸化ストレスによって変調する生物学的プロセスは、極めて複雑である。よって、「酸化ストレス=悪者」と本来は短絡的に捉えるべきではない。とりわけ、環境変化に応じて生体適応を促すための有益な細胞内の情報伝達物質といった重要な役割にも注目すべきである。すなわち、酸化ストレスに関しての理解が不十分なままで抗酸化サプリメントを服用すると、思わぬ弊害を生じかねない。本講演では、「酸化ストレス」に関する基礎から最新知見を整理し、「抗酸化サプリメント」の有効性を改めて問い考える機会としたい。

座談会

座長:八田 英雄

【eスポーツセッション】

会場 C:HFEセッション会場

eスポーツに関する経済産業省の取組(仮)

経済産業省 商務情報政策局(予定)

eスポーツの普及と展望

明治大学 商学部 准教授 澤井 和彦

詳細を表示

スポーツ科学からみたeスポーツと栄養

eSport and Nutrition: A Sport Science Perspective

筑波大学 体育系 スポーツイノベーション開発研究センター 助教 松井 崇

画像

「eスポーツはスポーツか?」。これほど領域を超えて白熱する議題は、今のスポーツ科学で他にないかもしれません。2020年1月、筑波大学に「eスポーツ科学プロジェクト」が発足しました。既に、eスポーツが認知機能や気分などの「活力」と、共感性や社会性などの「絆」を育む身体と心の反応を、フィジカルスポーツのプレーや観戦と同様に引き出す可能性を見出しています。一方、長時間プレーに伴う未熟な生活習慣に起因しうる、不健康さやネガティブイメージも無視できません。スポーツ科学は、他分野・他業界の力を拝借しながら、eスポーツのネガティブ面の払拭とポジティブ面の強化に今こそ力を発揮できると思われます。現代人の身体と心の能力を標的とした「eスポーツ栄養学」の創出と推進は、その第一歩として重要になるはずです。その具体的な方策や方向性について、皆様と議論できれば幸いです。

ブレインベリー~e-スポーツ界注目素材!眼―脳―指先リンク活性素材と最終製品のご提案

CBC(株) ライフサイエンスDiv グループマネージャー 鈴木 克行

腱・靭帯の強化にフォーカスしたコラーゲンペプチド(TENDOFORTE®)の
eスポーツシーンへのご提案

ジェリータジャパン(株) ゼネラルマネージャー 田辺 康治

D: 出展者プレゼンテーション

【出展者プレゼンテーション 】

会場 D:出展者プレゼンテーション

植物由来乳酸菌の代謝を活かした機能性食品素材

三井製糖(株)

マスク常用で注目の目元美容に!飲むシワケア新素材『フィトレチノール™』

オリザ油化(株)

動物性油脂のおいしさを、プラントベースで創りだす~botanovaシリーズのご紹介

ミヨシ油脂(株)

SHIME: an in vitro technology platform to assess the effect of ingredients in the human gastrointestinal tract

ProDigest

LycoRed社 リコピンの機能性表示取り組み

サンブライト(株)

世界の食品添加物・香料法規データベース3E Insight for Foodのご紹介

(株)日報化学品法規情報センター

グローバルに供給している香料製品の紹介とその特長

シグマ アルドリッチ ジャパン合同会社

食品製造ラインを劇的改善!OHRミキサー実績ご紹介/極微量成分を一瞬で均一分散、高圧乳化機の1/100の低圧で乳化、凝集体を解砕、高速で脱酸素、他

(株)OHR流体工学研究所

低粘度で耐熱性に優れる安定剤セオラスの各種食品への応用

旭化成(株)

リン酸塩の四大作用(キレート,pH緩衝,分散,保水・結着)のご紹介

太平化学産業(株)

新規ゼロカロリー甘味料 : プシコースの利用

Samyang corporation

BioPQQ™のミトコンドリア活性化作用によるアンチエージング効果

三菱ガス化学(株)

画像

A: SDGsセッション/ifia セッション

SDGsを意識した製品つくりに役立つ素材、技術、情報が大集結!食品行政の最新情報も!

【グローバルに進化するSDGs対応】

会場 A:SDGs/ifia セッションステージ
詳細を表示

基調講演①Farm to Fork戦略の持続可能な開発の側面(日本語解説付き)

Sustainable Development aspects of the Farm to Fork Strategy

駐日欧州連合代表部 通商部 一等書記官  Sylwia Czerska

画像

欧州グリーンディールはEUの新たな成長戦略であり、EU経済を現代的で、資源効率のよい、競争力のあるものとし、公正で豊かな社会へと移行させることを目標としている。この欧州グリーンディールの重要な戦略の一つがFarm to Fork戦略であり、生産から消費までの循環型経済の実現に寄与し、持続可能なフードチェーンの確立を目的とするものである。

詳細を表示

経済産業省のSDGsに関する取組

Efforts on SDGs by the Ministry of Economy, Trade and Industry

経済産業省 通商政策局国際経済課

今回の講演では、経済産業省におけるSDGsの取組を中心に、広く御紹介させていただきます。

オリザのSDGs代表素材、ケニアの天空のお茶、『紫茶エキス』の魅力と優れた機能性!

オリザ油化(株) 東京営業所 営業部 福田 容子

【新しい生活様式の中で求められるフードロス対策】

会場 A:SDGs/ifia セッションステージ
詳細を表示

基調講演➀ 農産物のロス削減における包装の役割

Role of Packaging in Reducing the Loss of Agricultural Products

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 上級研究員 北澤 裕明

画像

農産物の流通中のロスを削減するためには、適切な包装設計が不可欠である。本講演では、農産物の品質保持において包装が果たす基本的な役割について解説するとともに、「新しい生活様式」の中でニーズが高まりつつある、eコマースや長期間の貯蔵に則した農産物向け包装設計の在り方について展望を述べる。

詳細を表示

基調講演➁ 食品ロス低減に貢献する食品添加物

Food Additives Contributing to the Reduction of Food Loss and Waste.

三栄源エフ・エフ・アイ㈱ 第一事業部 食品保存技術研究室 小磯 博昭

食品販売期間の延長は、食品の廃棄ロス削減に有効な手段であるが、食品が製造されてから喫食までの時間が延長されるため、微生物対策が必要である。 その対策の一つに食品添加物の利用も有効である。 しかし食品添加物を使用する場合、食品のpH変化や食品成分への吸着、他の添加物との相互作用による効力の変化など、使用する添加物の特徴を良く理解して使用することが重要である。

【SDGs達成のための社会システム】

会場 A:SDGs/ifia セッションステージ
詳細を表示

基調講演 フードサプライチェーンにおけるSDGs達成に向けたESG金融

(株)ニューラル 代表取締役CEO 夫馬 賢治

画像

【中食・外食におけるSDGs対応】

会場 A:SDGs/ifia セッションステージ

食品産業とSDGs

調整中

基調講演➁ 惣菜産業におけるこれからの製品開発

中山技術士事務所 中山 正夫

B: 安全・分析エリア/機能性の分析・測定・評価エリア

安全、分析、品質管理、おいしさ評価に加え、健康をはかる機器や評価手法までさまざまな情報を発信!

【機能性分析・機器セッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:機能性表示食品の生鮮食品の分析法について

農研機構食品研究部門 食品健康機能研究領域長 小堀 真珠子

生鮮・加工食品の生産管理に好適なGABA・L-グルタミン酸の簡易測定セットの紹介

(株)エンザイム・センサ 新舘 啓子

NMR技術による脂質迅速定量法

CEM Japan(株) 中澤 隆

【食品技術士安全対策セッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

HACCP vs. 衛生管理、違いを判っていますか?

食品技術士センター 会長 浅野 行蔵

海外進出のために乗り越えなければならない食の安全性ルール

RDBコンサルディング 代表 赤星 良一

【HACCP・品質管理・異物対策セッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:実効性のあるHACCP運用のポイント

公益社団法人日本食品衛生協会 学術顧問 荒木 惠美子

GS1 QRコードを活用した食品原料の期限・ロット管理、トレーサビリティ確保~「原材料識別のためのバーコードガイドライン」の紹介~

GS1 Japan (一般財団法人 流通システム開発センター) ソリューション第1部 グロサリー業界グループ 研究員 芥川 誠

HACCPと微生物検査

公益社団法人日本べんとう振興協会 中川 弘

【おいしさ評価セッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:おいしさ評価のデータサイエンス

おいしさの科学研究所 理事長 山野 善正

味覚センサーの最新活用事例紹介

(株)インテリジェントセンサーテクノロジー 常務取締役 内藤 悦伸

C: OEM・受託エリア/スポーツニュートリションストリート

独自性のある製品開発に役立つOEM・受託関連の情報や、アスリート向けからフレイル対策までスポーツニュートリション分野の最新情報を発信!

【骨と関節強化セッション】

会場 C:HFEセッション会場
詳細を表示

アスリートの軟骨代謝とグルコサミンの軟骨保護作用-抗炎症作用とオートファジー誘導作用-

Chondroprotective action of glucosamine on the joint health of athletes-its anti-inflammatory and autophagy-inducing actions-

順天堂大学 保健医療学部 特任教授/順天堂大学大学院 医学研究 科生化学・生体防御学名誉教授 長岡 功

画像

運動競技選手では軟骨分解が亢進して、変形性関節症の発症リスクが高いとされている。一方、グルコサミンは、軟骨保護作用を有する機能性食品素材として知られているが、炎症のシグナル分子であるNF-κBの阻害による炎症抑制と、長寿遺伝子サーチュインを介したオートファジー誘導により軟骨保護作用を示すことをわれわれは見出している。本講演では、それらのデータを基に、グルコサミンの軟骨保護作用について解説する。

詳細を表示

コラーゲン摂取効果

Effect of ingested collagen hydrolysate on skin and joint

東京農工大学 農学部 附属 硬蛋白質利用研究施設 教授 野村 義宏

画像

機能性素材としてのコラーゲンは、美容目的で摂取されることが多い。その機能として、血中に吸収されるコラーゲン特有のペプチド(Pro-HypやHyp-Gly)が細胞に作用し、ヒアルロン酸などの産生に影響を与え、種々の効果を示すことが明らかとなってきた。本講演では、コラーゲン摂取による皮膚および関節への効果に関する知見を紹介する。

スポーツニュートリションとしてのグルコサミン

甲陽ケミカル(株) 足立征也

ボンオリーブ、プロテタイト、V-D高含有マッシュルームパウダー~エビデンス付き素材群と最終製品のご紹介

CBC(株) ライフサイエンスDiv グループマネージャー 鈴木 克行

コラーゲン由来ジペプチドProHypが腱細胞に与える影響

(株)ニッピ バイオマトリックス研究所 水野 一乘

【レスベラトロール協会セミナー】

会場 C:HFEセッション会場

レスベラトロールはやっぱりすごかった!フレイル対策(脳機能、筋力の衰え)に徹底アプローチ!

山梨大学ワイン科学研究センター 佐藤 充克

【OEM・受託セッション】

会場 C:HFEセッション会場

基調講演:健康食品GMP認証の現状と課題

日本健康・栄養食品協会 健康食品部長 増山 明弘

水溶性たん白抽出技術・設備を応用した”委受託加工部門”の取り組みについて

長田産業(株) 営業部 課長 志水 雅之

【健康政策セッション】

会場 C:HFEセッション会場

経済産業省における認知症施策について(仮)

経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐 松高 大喜

D: 出展者プレゼンテーション

【出展者プレゼンテーション】

会場 D:出展者プレゼンテーション

非臨床における免疫評価①(pBMC・INFなど)

(株)EPメディエイト

御社の大豆製品、麹の力でアレンジしてみませんか?高濃度大豆麹、新・発・売。

(株)東洋発酵

BioPQQ™のミトコンドリア活性化作用によるアンチエージング効果

三菱ガス化学(株)

Top5 プレバイオティックス:難消化性デキストリン、イヌリン、ポリデキストロース、ガラクトオリゴ糖、ケストース

Samyang corporation

食品製造ラインを劇的改善!OHRミキサー実績ご紹介/極微量成分を一瞬で均一分散、高圧乳化機の1/100の低圧で乳化、凝集体を解砕、高速で脱酸素、他

(株)OHR流体工学研究所

肌弾力向上素材!機能性表示食品を見据えた『トマト種子エキス』の最新臨床試験データをいち早くお届け!

オリザ油化(株)

ラクティウム-乳由来リラックス・安眠素材  機能性表示食品への取り組み

サンブライト(株)

肥満気味の方の救世主となる「エラグ酸(アフリカマンゴノキエキス)」のチカラ

(株)龍泉堂

低粘度で耐熱性に優れる安定剤セオラスの各種食品への応用

旭化成(株)

リン酸塩の四大作用(キレート,pH緩衝,分散,保水・結着)のご紹介

太平化学産業(株)

ADMフルーツパウダーの特長と応用例

エー・ディー・エム・ジャパン(株)

画像

A: SDGsセッション/ifia セッション

SDGsを意識した製品つくりに役立つ素材、技術、情報が大集結!食品行政の最新情報も!

【SDGsに貢献する食品添加物・機能性素材・関連資材】

会場 A:SDGs/ifia セッションステージ
詳細を表示

基調講演➀ 食品添加物の社会的役割

一般社団法人日本食品添加物協会 常務理事 広報委員長 清水 亮輔

現代社会を構成する重要なファクターの一つに加工食品がある。食品の加工技術は、人類が豊かな生活を勝ち得る過程で進歩してきた。そこに食品添加物の存在は欠かせず、現代社会への貢献度は大きい。今回、食品ロスや環境負荷の低減、多様性への対応などについて、食品添加物の役割をSDGsに絡め提言する。

詳細を表示

基調講演➁ アントシアニンを用いた食品着色料の可能性

Potential of anthocyanin-based food colorants

名古屋大学大学院情報学研究科  教授 吉田 久美

画像

アントシアニンは花や野菜、果実、種子などに含まれる植物色素で、赤から紫、青色までの幅広く美しい発色を持つ。アントシアニンを食品着色料として用いる試みは多くなされ、いくつかの色は実現している。しかし、青色だけは困難であった。本講演では、アントシアニンの発色と安定化の化学をベースに青色着色料の実現可能性を探る。

SDGsに貢献するアルギン酸製品(仮)

(株)キミカ

動物性油脂のおいしさを、プラントベースで創りだす~botanovaシリーズのご紹介

ミヨシ油脂(株) 食品本部 技術開発ID部 食品油脂研究所 堀内 貴美子

ラカント(ラカンカ抽出物)とSDGs

サラヤ(株) グローバル生産本部 天然素材研究所 取締役所長 村田 雄司

【持続可能な食品生産】

会場 A:SDGs/ifia セッションステージ
詳細を表示

基調講演 SDGs達成を目指す食品産業のための科学技術

Science and Technology for Food Industry to Achieve SDGs

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門
食品加工・素材研究領域 食品加工グループ グループ長補佐 山本 和貴

画像

食品産業で科学技術を活用してSDGsを達成するためには、広範囲の科学技術を理解・活用し、関連する社会問題を睨みつつ障壁を見極めた上で、食品科学・食品加工技術を発展させなければならない。本講演では、食品産業におけるSDGs達成に向けて、食品加工の技術開発に関する社会的な問題を取り上げ、解決策を提案する。

【ifia行政セミナー】

会場 A:SDGs/ifia セッションステージ

リスクコミュニケーションの現状と課題(仮)

内閣府 食品安全委員会 担当官

食品産業行政の最新情報(仮) 

農林水産省 食料産業局 食品製造課 担当官

食品添加物行政の現状と課題(仮) 

厚生労働省 医薬・生活衛生局 食品基準審査課 担当官

B: 安全・分析エリア/機能性の分析・測定・評価エリア

安全、分析、品質管理、おいしさ評価に加え、健康をはかる機器や評価手法までさまざまな情報を発信!

【リスクコミュニケーションセッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:ゲノム編集食品の安全性と規制について(ビデオ講演)

明治大学 農学部農芸化学科 教授 中島 春紫

食品安全確保に向けた食品安全委員会の役割

内閣府 食品安全委員会事務局 情報・勧告広報課長  都築 伸幸

【精度管理セッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:精度管理の基本的考え方とAOACの最新情報

AOAC INTERNATIONAL JAPAN SECTION会長 鈴木 宏子

世界最大の技能試験FAPASのご紹介(技能試験とその利用法)

Fellow, AOAC INTERNATIONAL 後藤 哲久

【微生物検査セッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:新型コロナ後の食中毒とHACCP制度化時代の微生物検査

一般財団法人東京顕微鏡院 名誉理事 伊藤 武

【アレルギー対策セッション】

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:食物アレルギー対策への多方面からの取り組み(ビデオ講演)

公益財団法人 ニッポンハム食の未来財団 食物アレルギー管理栄養士 川澄 要重

【殺菌・洗浄セッション】“正しい次亜塩素酸水”の知識と衛生管理・新技術展望

会場 B:安全・分析・評価セッションステージ

基調講演:新型コロナウイルスと次亜塩素酸水をめぐる光と影

一般財団法人機能水研究振興財団 理事長 堀田 国元

1.HACCPに基づく衛生管理と次亜塩素酸水

一般財団法人日本電解水協会 金盛 幹昌

2.食品分野の衛生管理とATP・迅速検査

ATP・迅速検査研究会 本間 茂

3.有効塩素濃度測定の進歩~リアルタイム測定センサー開発

(株)コスモテクノ 両角久

イオンレス次亜塩素酸水の開発と安全性・有効性

ニプロ(株) 川村 尚久

C: OEM・受託エリア/スポーツニュートリションストリート

独自性のある製品開発に役立つOEM・受託関連の情報や、アスリート向けからフレイル対策までスポーツニュートリション分野の最新情報を発信!

【スポーツ栄養とフレイル対策セッション】

会場 C:HFEセッション会場
詳細を表示

スポーツ栄養とフレイルの「傾向と対策」

“ Trends and Measures for Sport Nutrition and Flail “

早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 部門長 矢澤 一良

画像

フレイル(虚弱)とは健康な状態と日常生活でサポートが必要な介護状態の中間を意味し、後期高齢者が激増する現代社会において、フレイル進行への気づきと対応策(治療や予防)が重要である。
フレイルを予防するには適度な「運動」と「栄養バランス」の取れた食生活、「社会活動への参加」が重要とされている。最近の研究では、特に「社会性フレイル」や「オーラルフレイル」も早期の重要な老化のサインとされている。また感染や発がんにおける「免疫フレイル」なども注目される。このようなフレイル予防には、栄養バランス(タンパク質の補助)だけではなく、運動奨励や社会活動との仕組みと一緒に行う事が重要である。スポーツ栄養の研究開発はフレイル予防に有効なノウハウを有する。

詳細を表示

サルコペニア予防に向けたアミノ酸/プロテイン活用のエビデンス

Amino acids/protein for the prevention of sarcopenia

立命館大学 スポーツ健康科学部 教授 藤田 聡

画像

骨格筋は運動における力発揮に欠かせないだけでなく、糖・脂質やアミノ酸代謝を制御する重要な組織である。食事を摂取すると筋たんぱく質の合成速度は安静時と比較して約2倍に増加する。この食事による筋たんぱく質の同化作用は主にたんぱく質に含まれる必須アミノ酸による作用であり、特に分岐鎖アミノ酸のロイシンが翻訳調節を介してたんぱく質合成を刺激する。本講座では骨格筋のタンパク質代謝を調節する運動と栄養摂取の効果を検討した基礎と応用科学のエビデンスを紹介し、それらの知見に基づいた臨床現場でのアミノ酸/プロテインサプリメントの応用について議論する。

詳細を表示

高齢期のフレイル予防―栄養の視点からー

Prevention of Frailty in Older People- From Nutritional Aspect-.

桜美林大学 老年学総合研究所 所長 大学院教授 国立長寿医療研究センター 理事長特任補佐 鈴木 隆雄

画像

高齢期、中でも後期高齢には確実にフレイルの状態が出現する。 フレイルの最大の特徴は、放置すれば確実に要介護状態となるが、適切な介入によって健常な状態への回復が見込まれることにある。このようなフレイルに対する予防対策に関して国内外で科学的根拠のあるデータが蓄積されているが、本講演では特に栄養の視点からフレイル(身体的フレイルおよび認知的フレイル)の予防対策について紹介する。

詳細を表示

フレイル対策に向けた商品開発

Product development for frailty measures

立教大学 コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科 教授 杉浦 克己

画像

高齢化社会を迎えた日本が取り組むべきテーマは、自立した元気な高齢者を増やすという「健康寿命の延伸」であろう。しかし、それを阻むのが生活習慣病であり、認知症であり今回のテーマであるフレイルである。フレイル対策には、『運動と栄養』に取り組むことが必要とされ、産官学を巻き込んでますます関心が高まっている。栄養面では、「いつ・何を・どれくらい・どうやって食べるか」ということも重要であるが、「ソリューション食品も徐々に増えてきた。そこで本講演では、フレイルの身体的要素をサポートする代表的な食品とその普及販促策について解説し、フレイルの精神・心理的要素と社会的要素についても言及する。

座談会

座長:矢澤一良

マリンコラーゲンオリゴ(コラーゲンペプチド)のスポーツ栄養への応用

日祥(株) ライフサイエンス部 山田 ゆき

【マーケティングレポート】

会場 C:HFEセッション会場

世界のプロテイン市場について

Innova Market Inc. 田中 良介

【コロナ禍のセルフケア~からだ・こころ・めんえき~セッション】

会場 C:HFEセッション会場
詳細を表示

基調講演:食から作る免疫機能と生体防御 

Diet-mediated immune regulation and host defense

医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチン・アジュバント研究センター長 國澤 純

画像

新型コロナの影響で社会様式が変わりつつある中、「免疫」や「ワクチン」が改めて注目されています。古くから免疫の働きに食が関わっていることが知られていましたが、関連領域における研究の発展と融合により、腸内細菌も含めた腸内環境による免疫制御の実体が徐々に分かってきました。本講演では、食や腸内細菌と免疫、ワクチンとの関係について、基礎研究やコホート研究から得られた最新の知見と、その知見を用いた創薬、機能性食品の開発、腸内環境に基づく個別化・階層化栄養の可能性などを紹介したいと思います。

家族の健康を守る「免疫素材 β-1,3/1,6-グルカン (WellmuneⓇ)」のチカラ

(株)龍泉堂 営業部

機能性レシチンを応用したコーンセラミドの美容食品・飲料への展開

辻製油(株) 機能性事業本部 営業部 営業課 河原 慎太郎

NAXUS🄬 (ナクサス)~ヨーロッパ製小麦由来アラビノキシランの免疫系素材としてのご紹介 

CBC(株) ライフサイエンスDiv グループマネージャー 鈴木 克行

熟成ホップ ~脳機能改善・体脂肪低減効果を持つハーブ由来新素材~

INHOP(株) 金子 裕司

D: 出展者プレゼンテーション

【出展者プレゼンテーション】

会場 D:出展者プレゼンテーション

BioPQQ™のミトコンドリア活性化作用によるアンチエージング効果

三菱ガス化学(株)

注目される口腔内ケア!『花椒オイル』の唾液分泌促進作用でドライマウス対策!

オリザ油化(株)

新しい時代に向けた栄養成分分析の自動化と省力化(最新燃焼法分析装置のご紹介)

ゲルハルトジャパン(株)

【殺菌乳酸菌】EC-12の最新情報ー口臭に対する効果ー

コンビ(株)

食品製造ラインを劇的改善!OHRミキサー実績ご紹介/極微量成分を一瞬で均一分散、高圧乳化機の1/100の低圧で乳化、凝集体を解砕、高速で脱酸素、他

(株)OHR流体工学研究所

新しいダイエット素材 ALTILIX&BERGAVITの機能性に関して

サンブライト(株)

天然香料技術から生まれた減塩素材

長岡香料(株)

非臨床における免疫評価②(NK細胞活性評価代替法)

(株)EPメディエイト

リン酸塩と日持向上剤・酸化防止剤(変色防止)との相乗効果

太平化学産業(株)

コロナ禍のプロテインブームに向けたADMソリューション(仮)

エー・ディー・エム・ジャパン(株)

低粘度で耐熱性に優れる安定剤セオラスの各種食品への応用

旭化成(株)

セラミドのパイオニア!オリザが探究する「オリザセラミド®」の新知見!最新データをいち早くお届け!

オリザ油化(株)