テーマ企画

食の安全科学ゾーン

食の安全・科学ゾーン 食品添加物、素材、健康食品は安全であることが大前提となります。それを担保するのは科学により導かれた分析数値であり、また科学技術に基づいた防御技術です。そして品質価値を保証し、安心して適正な価格で商品を買ってもらうためにはやはり品質を担保する科学的データが必要です。本ゾーンはそうした食の安全・安心を担保する添加物、装置、資材、また知恵が集まるゾーンです。セッションコーナーを併設し、「クレーム・異物対策」「HACCP」「食の安全のための添加物」「分析技術」「精度管理」などテーマごとに出展者によるプレゼンと協賛団体による基調講演を組み合わせ、食の安全に興味のある来場者のみならず、アイフィア出展の素材、添加物メーカーにも広くアピールします。また日本食品化学学会会企業展示コーナーは今年も実施、学会会員企業の出展を募集します。
出展対象
殺菌剤、保存料、微生物検査、栄養成分分析装置、受託検査機関、サニテーション、カビ毒検査、農薬分析、機器分析、おいしさ測定センサー、塩分・糖分・アミノ酸センサー、アレルギー対策、異物混入対策、健康機能の評価技術、衛生管理システム、温度センサー、その他計測装置など
来場対象
食品メーカー・食品素材・添加物メーカーの品質管理担当者、製造関連技術者、研究開発者、生産担当者、保健所など行政機関、受託分析検査機関など

腸内改善ゾーン

腸内改善ゾーン 近年は、腸内改善が脚光を浴びるようになってきました。“健康な体作りは腸内フローラの改善から”をコンセプトに、乳酸菌などのプロバイオティクス素材をはじめ食物繊維、オリゴ糖といったプレバイオティクス素材やこれらを組み合わせたシンバイオティクス素材などの集結したゾーンを展開します。さらに、腸内の状態を分析する機器なども取り上げます。そのほか、腸内の改善に期待される各種機能性素材やサプリメントなどにも焦点を当て、商品設計に欠かせない賦形剤やマスキング素材などの副資材までを網羅し、トータル的なコンセプトを提案します。なお、参加企業によるプレゼンテーションも予定しており、「ifia/HFE JAPAN」が提案する「腸内改善プロジェクト」を推し進めます。
出展対象
プロバイオティクス素材、プレバイオティクス素材、シンバイオティクス製品、分析機器類、各種機能性素材、商品設計をする際の原料および副資材など
来場対象
飲料・菓子メーカー、健康食品・サプリメントメーカー、製剤メーカーなど

トータルビューティーコーナー

トータルビューティーコーナー 食を通じた外面・内面の美に関する研究は、近年多方面で進展しています。シミ・しわの改善や美白、育毛、健康的な骨・筋肉などの体づくり、口腔ケア、メンタルケアや睡眠改善、免疫や毛細血管などヒトの美に関与する各テーマで、機能性食品素材に含まれる成分の役割がより深く解明されてきました。本コーナではこれらに関連する素材や技術、その最新知見などを紹介し、食によって全身の美と健康を作る“トータルビューティー”の可能性を探り、トータルビューティサプリメントやドリンク、フードの提案を図ります。
出展対象
コラーゲン、セラミド、プラセンタ、エラスチン、レスベラトロール、プロテオグリカン、アスタキサンチン、N-アセチルグルコサミン、植物エキス、酵母類など
来場対象
食品メーカー、製薬、化粧品メーカー、OEM、エステ・カウンセリング関連など