出展社情報

有限会社サービステックジャパン

ifia / HFE eye 2022

効率的な品質管理に簡便な自動分析装置Y15

食品や飲料の品質管理に好適な簡便・迅速なロボットタイプの自動分析装置。装置価格が他の分析機器に比べ安価なうえ、ランニングコストも低く、コストパフォーマンスに優れている。測定を開始すると、規定量の検体と試薬を自動吸引し、装置内のセルに導入し、検体と試薬が反応し吸光度を測定する。人が測定に張り付く必要がなく、特別な技術を持たなくても効率よく分析が行える。

資料PDF
PR MOVIE
Information

https://servicetec.co.jp/wine-making-material/wine-component-analysis-kit/

No・ゾーン 3260
住所 武蔵野市吉祥寺北町1ー1ー5ー206
TEL 0422-20-1770
FAX 03-6368-6644
URL https://www.servicetec.co.jp
出展品目
  • 分類: アレルギー・GMO・放射性物質検査機器・資材 / 成分分析機器・資材 物性分析機器・資材
  • 名称: 自動分析装置Y15、セミ自動分析装置Y350、成分分析キット
共同出展
見所・特徴 食品や飲料の品質管理に好適な簡便・迅速なロボットタイプの自動分析装置。装置価格が他の分析機器に比べ安価なうえ、ランニングコストも低く、コストパフォーマンスに優れている。測定を開始すると、規定量の検体と試薬を自動吸引し、装置内のセルに導入し、検体と試薬が反応し吸光度を測定する。人が測定に張り付く必要がなく、特別な技術を持たなくても効率よく分析が行える。 装置内には4つのトレーが設置可能であり、試薬トレーには最大10ボトル、サンプルトレーには最大24検体を配置することができ、最大72検体の連続測定が可能である。測定速度は1時間に最大150検体相当となっている。短時間に多くの測定をこなすことが出来る。試薬は、糖質、有機酸、カテキン、アントシアニン、アンモニア、アミノ態窒素、ミネラル類、ポリフェノールなどの測定試薬がある。対応する用途はワイン、ビールをはじめ、飲料、乳製品、肉製品、飼料、菓子・パン類などがある。通常の分析装置Y15が1152台、また試薬部分に冷却装置を付けた改良型分析装置Y15Cの150台が世界で使用されている。
用途別カテゴリ
食品安全・品質管理 商品名:アレルゲン分析キット
ELISA法やラピッド法によるミルク、卵、甲殻類、大豆等中のアレルゲン測定やグルテン測定
食品安全・品質管理 商品名:カビ毒分析キット
ELISA法やラピッド法によるカビ毒の測定
健康機能性原料 商品名:カロピニトール、カイロイノシトール
インスリンの働きを助け、血糖値調製やPCOS(多嚢性卵巣症候群)を改善する働きが有ります。
健康機能性原料 商品名:コラーゲントリペップ20G
トリペプチドが20%以上、GPHの含有量が3.2%以上でヒト皮膚線維芽細胞により多く取り込まれます。