結果報告・来場実績

結果報告

※結果報告をご入用の際は事務局までお問い合わせください。

アワード受賞企業

ifia JAPAN HFE JAPAN 2017 アワード受賞企業

最優秀賞 出展社の中で、製品、技術において最も優れた企業最優秀賞 出展社の中で、製品、技術において最も優れた企業

森永乳業株式会社

森永乳業は3年連続の最優秀出展社賞を受賞。本当の「おいしい」と「健康」を両立できるよう、「人手不足」「腸内フローラ」 「健康寿命」「食中毒」「乳製品不足」「安全・安心」といった6つのメガトレンドを課題に掲げ、乳素材メーカーとして、それぞ れのソリューションを披露した。円筒形の展示ブースは、近未来へと向かう宇宙船内をイメージしたもの。課題解決に向けた未来へ の脱出口でもある。腸管を模したのでは、との声も上がるなど、想像をかき立てる展示ブースは来場者に強烈な印象を与えた。

製品力賞 出展社の中で、製品が特に優れた企業

アサヒグループ食品株式会社

アサヒグループ食品は、酵母エキス(旧アサヒフードアンドヘ ルスケア) 、乳素材営業部(旧和光堂)の乳素材、フリーズ ドライ営業部(旧アサヒフードアンドヘルスケア)のフリーズ ドライと各製品を存分にアピールし、製品力賞を受賞した。

伊那食品工業株式会社

伊那食品工業は、低ゼリー強度の「ウルトラ寒天」と弾力性 を有する「伊那寒天 大和(やまと)」の特長を合わせ持つ ユニークな寒天製品「伊那寒天 柔(やわら)」を本展示会 に合わせて開発し、製品力賞を受賞した。

技 術 賞技術賞 出展社の中で、技術(研究・開発)が特に優れた企業

旭化成株式会社/株式会社デリコ
 

50年にわたり結晶セルロースの国内市場を牽引してきた旭 化成は、「セオラス」の非飲料用途に向けたアプリケーショ ン開発に注力してきた。また今回は、トレンドとなりつつあ る低糖質をコンセプトとしたアプリケーション提案も実施。 セオラスが有する高機能を応用し、高い品質と技術力が評価 された。

理研ビタミン株式会社/栄研商事株式会社

理研ビタミンは、グループ会社の栄研商事と共同出展し、2 年連続の技術賞を受賞。複数の乳化剤と加工デンプンを配合 した惣菜用品質改良剤「ミートグッドSF」やビタミンプレ ミックスの新製品「ビタミンエースミックスMB-11」な どを紹介した。

 

ベストPR賞 出展社の中で、プロモーションにおいて特に優れた企業

カプスゲル・ジャパン株式会社

カプスゲル・ジャパンは今回、昨年に続き2年連続でベスト PR賞に輝いた。今年の展示小間の装飾は高級フランスレス トランをイメージして、落ち着いた黒を基調としたカウン ター席とビュッフェスタイルの2か所を用意し、それぞれ液 体製品と粉末製品を紹介した。



三栄源エフ・エフ・アイ株式会社

三栄源エフ・エフ・アイは、「ニッポンが成熟市場を切り拓 く。」をコンセプトに、「和食」を題材として自社の幅広い 製品ラインアップをアピールした点が評価されての受賞と なった。和食をはじめ、日本文化への関心が集まっている中、 自社製品をさまざまな和食に配合することでさまざまな付加 価値を付与し、多くの来場者の興味を引いていた。

審査員特別賞

サンエイ糖化株式会社

サンエイ糖化は、来年度に上市予定の開発品である「オリゴ 糖酸」で審査員特別賞を受賞した。本製品は、澱粉分解物を 原料にマルトビオン酸を主成分とする酸性オリゴ糖であり、 新しい味質と機能を併せ持つ。まろやかな酸味を呈し、水あ めに近いボディ感を有することが特長だ。

三和酒類株式会社

麦焼酎「いいちこ」でおなじみの三和酒類は、「審査員特別 賞」を受賞した。焼酎粕を有効利用し、得意の発酵技術によ りGABAを高含有させた「大麦乳酸発酵液ギャバ」の製造 法および資源活用に対する取組みが評価された。


アワード受賞理由はこちらから

フォトギャラリー

来場実績

5月24日(水) 5月25日(木) 5月26日(金) 合計
9,943名 11,580名 10,630名 32.153名

来場者アンケート(回答数:975)

1. 業種

2. 職種

3. 満足度

4. 来場方法

5. 来場目的 (複数回答)

6. 良かった点 (複数回答)

6-1. 検討・興味を持った製品 (複数回答)

6-2. 充実していたと感じた企画ゾーン(複数回答)

6-3. 充実していたと感じたプレゼン・無料セミナー (複数回答)